三井住友トラストカードの特典

【三井住友トラストVISAカードの特典と口コミ】初めて持つカードに最適なカード

三井住友トラストVISAカードは、年会費が初年度無料なのにポイントがどんどん貯まるサービスや、旅行の時に便利なトラベルサービスなどの嬉しい特典も受けられます。

海外旅行傷害保険が無料で付帯しているのも大きなメリットの一つです。

更に、三井住友トラストVISAカードはセキュリティが強固であるため、クレジットカードに不安を感じる方でも安心してカードが持てます。

特典が多く、あなたを多方面からサポートしてくれる三井住友トラストVISAカードは、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめなカードです。

どんな特典があるの?」「どんなサポートが受けられるの?

と気になりますよね。

そこで、これからクレジットカードを使っていきたいお考えのあなたのために、三井住友トラストVISAカードの特徴や特典内容をよりわかりやすく解説しましょう。

三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAカードに関する評判・口コミについても一緒にまとめていきますので、ぜひ役立ててくださいね。

タップできる目次

三井住友トラストVISAカードの基本情報

三井住友トラストVISAカード
年会費初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※条件付きで翌年度無料
還元率実質0.5%~
国際ブランドVISA
ETCカード年会費:500円(税抜)
※1年に1回以上の利用で翌年無料
家族カード年会費費:400円(税抜)
※ただし、1人目のみ年間3回以上のカード利用で翌年無料

三井住友トラストVISAカードは、カードを手にした最初の年の年会費が無料になるため、あなたのお財布に優しいクレジットカードです。

条件をクリアすれば翌年度も無料になるため、年会費を気にすることなくずっとカードを持っていられます。

国際ブランドはVISAしか選択できませんが、VISAは世界中に加盟店の多い国際ブランドなので、日本でも世界でも広く活用できます。

ここで、三井住友トラストVISAカードの特徴をまとめましょう。

  • ポイント還元率は実質0.5%
  • 強固なセキュリティ
  • カード利用限度額は明記されていないなど

三井住友トラストVISAカードはセキュリティがしっかりしていますので、不正利用されにくいのが大きな特徴です。

ポイントもコツコツ貯めていけますので、まずはポイント還元率から解説しますね。

三井住友トラストVISAカードの還元率は0.5%

三井住友トラストVISAカードを使うとたまるポイントは『ワールドプレゼント』といい、1,000円の支払いにつき1ポイントが加算されます。

1,000円につき1ポイントなら、還元率は0.1%?

と疑問に感じるかもしれませんね。しかし、ワールドプレゼントの1ポイントの価値が一般的なポイントとは異なりますので、1ポイントの価値を算出してみましょう。

ワールドプレゼントは、1ポイントを他社のポイントやギフトカードに交換する場合、以下の交換レートになります。

交換先名ワールドプレゼント⇒交換先
楽天ポイント1ポイント⇒5ポイント
Amazonギフト券1ポイント⇒5円

ワールドプレゼント1ポイントは楽天ポイントなら5ポイント、Amazonギフト券なら5円分に交換できるため、ワールドプレゼント1ポイントの価値は5円となり、還元率は0.5%であることがわかります。

三井住友トラストVISAカードは、いつものお買物から携帯電話料金や公共料金の支払い、インターネットショッピングでもポイントが貯まるので、支払うの時は三井住友トラストVISAカードを使うようにしましょう。

もっとたくさんのポイントを獲得する方法もありますので、後の章『三井住友トラストVISAカードの特典』で詳しく解説しますね。

しかし、ポイントをたくさん貯める方法がある一方、ポイントが加算されない支払いもありますので、次の項目でまとめましょう。

各種電子マネーへのチャージや一部の支払いはポイントが付かない

基本的に、三井住友トラストVISAカードを使って決済すればポイントが貯まりますが、一部ポイント加算の対象にならない支払いもあります。

対象にならない支払いについて下記にまとめました。

  • 楽天Edyチャージ
  • モバイルSuicaチャージ
  • モバイルSuicaチケット購入代金
  • モバイルPASMOチャージ
  • SMART ICOCAチャージ
  • WAONチャージ
  • nanacoチャージ
  • 三井住友カード発行のプリペイドカードの購入・利用分
  • 国民年金保険料の支払い

各種電子マネーにチャージできるのは便利ですが、ポイントは付きません。

国民年金保険料の支払いもポイントの対象にはならないので、三井住友トラストVISAカードで支払う際には注意しておきましょう。

強固なセキュリティで三井住友トラストVISAカードを不正利用から守る

クレジットカードは、現金を持っていなくてもカード1枚で支払いが完了する便利なカードです。

しかし、落としてしまったり盗まれてしまうと、カードを悪用される可能性が高くなりますよね。

こういったことから、「クレジットカードは怖い!」というイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

三井住友トラストVISAカードはしっかりしたセキュリティを誇るカードなので、不正利用されにくい対策をいくつも用意しています。

どのようなものがあるのか、以下にまとめました。

セキュリティの種類詳細
カード不正使用検知システム24時間365日カードをモニタリング!
写真入りカード顔写真による本人認証が行える
ICカード高度な暗号化技術!
データを安全に保管し偽造や解析が極めて困難
VISA認証サービス『Vpassパスワード』または『ワンタイムパスワード』を入力して本人認証確認
ワンタイムパスワードサービス『One Time Pas』
※アプリ
60秒ごとに新しいパスワードを表示し、一度使ったパスワードは無効になる
セキュリティコードカードを持っているのがあなたであることを3桁の番号で確認

特に注目したいのが、写真入りカードです。

三井住友トラストVISAカードの裏面にあなたの顔写真が入りますので、安全で利便性の高い本人認証が行えます。

顔写真ならお店の人も見ればすぐにわかりますので、悪用されることが少なくなりますよね。

全ての三井住友トラストVISAカードが写真入りカードになるわけではなく、カード裏面に顔写真を付けることを希望する方のみとなります。

顔写真を付けるにあたり、発行手数料など特別な費用はかかりませんので、ぜひ導入しておきたいですね。

三井住友トラストVISAカードの限度額は明記されていない

三井住友トラストVISAカードには、カードの利用限度額が明記されていません。

しかし、三井住友トラストVISAカードと同じようなスペックを持ったクレジットカードを参考にしてみると、おおよそ高くても100万円前後の限度額ではないかと予想できます。

限度額は、あなたの職業・年収・与信額などを総合して、三井住友トラスト・カードが決定します。

三井住友トラストVISAカードと三井住友カードの違い

三井住友カード三井住友トラストVISAカードと三井住友カードは、名前も似ていますしよく比較されるカードです。この2枚はどのような違いがあるのか気になりますよね。

そこで、下記の表で三井住友トラストVISAカードと三井住友カードを比較してみましょう。

三井住友トラストVISAカード三井住友カード
年会費初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※条件付きで翌年度無料
1,250円(税抜)
※ネット入会で初年度無料
※年会費割引特典あり
家族カード初年度:無料
2年目以降:400円(税抜)
※1人目は条件付きで翌年度無料
初年度:1人目無料
2年目以降:400円(税抜)
国際ブランドVISAVISA,MasterCard
ポイントシステムワールドプレゼントワールドプレゼント
海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険年間100万円まで年間100万円まで
カード利用限度額10~80万円
発行元三井住友トラスト・カード三井住友カード

三井住友トラストVISAカードと三井住友カードは、どちらも海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しており、貯まるポイント名も同じです。

しかし、基本年会費が同じ金額であっても条件付きで割引になるかどうかが違いますし、そもそも発行元が違います。

三井住友トラスト・カードは三井住友トラスト・グループ(三井住友信託銀行)発行のクレジットカードですし、三井住友カードの発行元はSMBCグループ(三井住友銀行)です。

また、三井住友カードは国際ブランドをVISAとMasterCardから選択できますが、三井住友トラストVISAカードは見てわかる通りVISAのみとなっています。

三井住友カードの特典についてもっと知りたい方は『【三井住友カードの口コミと特典】スタンダードで誰もが使いやすいメリットが豊富!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

【三井住友カードの口コミと特典】スタンダードで誰もが使いやすいメリットが豊富!
【三井住友カードの口コミと特典】スタンダードで誰もが使いやすいメリットが豊富!「三井住友カードの口コミが気になる!」 「三井住友カードの特典と上手な活用法も知りたい!」 現時点で三井住友カードに目を向け...

三井住友トラストVISAカードと三井住友トラストVISAレディースカードの違い

三井住友トラストVISAレディースカード三井住友トラスト・カードシリーズの中には『三井住友トラストVISAレディースカード』があり、こちらも三井住友トラストVISAカードと比較されることの多いカードです。

両者のカードにどんな違いがあるのかを一覧表にしましょう。

三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカード
年会費初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※条件付きで翌年度無料
初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※条件付きで翌年度無料
家族カード初年度:無料
2年目以降:400円(税抜)
※1人目は条件付きで翌年度無料
初年度:無料
2年目以降:400円(税抜)
※1人目は条件付きで翌年度無料
国際ブランドVISAVISA
ポイントシステムワールドプレゼントワールドプレゼント
海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)最高2,000万円
(内自動付帯:300万円)
国内旅行傷害保険なし最高2,000万円
(内自動付帯:300万円)
ショッピング保険年間100万円まで年間100万円まで
カード利用限度額
発行元三井住友トラスト・カード三井住友トラスト・カード

三井住友トラストVISAカードと三井住友トラストVISAレディースカードの2枚を比較してみると、基本の年会費は全く同じ金額です。

しかも、年会費が無料になる条件も同じであることがわかります。

大きな違いは、三井住友トラストVISAレディースカードには海外だけでなく国内旅行傷害保険も付帯しており、どちらもその一部が自動付帯となっていることです。

年会費が一緒なのに旅行傷害保険が充実しているなら、三井住友トラストVISAレディースカードの方がいいのでは?」と思いますよね。

しかし、三井住友トラストVISAレディースカードはその名の通り女性専用カードなので、あなたが男性であれば三井住友トラストVISAカードを申し込みましょう。

三井住友トラストVISAカードの特典

三井住友トラストVISAカードはポイントが貯まる特典の他、セキュリティが強固であるというメリットもあります。

まずは、三井住友トラストVISAカードの特典・メリットをわかりやすく以下にまとめましょう。

  • 条件を満たすと翌年の年会費無料
  • マイ・ペイすリボ』の手数料支払いでポイント2倍
  • ポイントステージでボーナスポイントGET
  • 海外旅行傷害保険付帯
  • お買物安心保険付帯
  • ポイントUPモール』経由でポイント最大20倍
  • 貯まったポイントは色々使える
  • 三井住友トラストカードWAON発行可能 など

三井住友トラストVISAカードには、あなたのクレジットライフをよりお得にしてくれる特典がありますので、早速解説していきますね。

条件を満たすと三井住友トラストVISAカードの年会費が翌年無料

三井住友トラストVISAカードの年会費は、初年度であれば無料なのですが、2年目以降から税抜で1,250円かかるようになります。

しかし、条件を満たせば翌年の年会費を無料にすることが可能です。

その条件とは、リボ払いサービス『マイ・ペイすリボ』登録&1年間に最低1回はカードを利用をすること!

1年間の内たった1回の利用でカード年会費1,250円(税抜)が無料になるのですから、事前に『マイ・ペイすリボ』の登録を完了しておき、三井住友トラストVISAカードで決済しないと損ですよね。

ただし、『マイ・ペイすリボ』は、お店のレジでどの支払い方法を指定しても自動的にリボ払いになる支払い方法ですし、2回目以降の支払いにはリボ手数料(実質年率15.0%)が発生します。

リボ手数料は『マイ・ペイすリボ』を設定してから2回目以降の支払いに対して発生するため、1回目で支払いきれるように1か月の支払い設定額を少し大きめに設定しておくといいでしょう。

とはいえ、口座残高が1か月の支払い設定額よりも低いと、支払いができなくなり金融事故となってしまうので、あなたが確実に支払える金額を設定してくださいね。

マイ・ペイすリボの手数料を支払うとポイント2倍獲得!

マイ・ペイすリボ』の手数料が発生したからと言って、絶対損になる!というわけではありません。

なぜなら、毎月の支払いでリボ払いの手数料を支払うと、ポイントが通常の2倍(還元率1%)になるからです。

『マイ・ペイすリボ』の状態でカードを1回以上使えば年会費が翌年無料になりますし、リボ手数料が発生すればポイントが2倍もらえてダブルでお得ということです。

ステージアップでボーナスポイントGET!

ポイントをお得に獲得できるのは、お買物の時だけではありません。

三井住友トラストVISAカードを1年間に一定金額以上利用すると、なんとボーナスポイントまで獲得できます。

ボーナスポイントがどれだけもらえるかは、ステージによって違います。

ステージの決め方は、前年度の2月から翌年1月までを1年間とし、その1年間のショッピング累計額に応じてあなたのステージが確定!

ステージが決まったら、当年度の利用額に応じたボーナスポイントを以下のように加算してくれます。

ステージ
(前年度ショッピング累計額)
ボーナスポイント
V1(50万円以上利用)50万到達時:50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
V2(100万円以上利用)50万到達時:75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
V3(300万円以上利用)50万到達時:150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント

三井住友トラストVISAカードを使えば使うほどステージが上がりますので、普段のお買物でも三井住友トラストVISAカードを利用するようにしたいですね。

三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険で旅行も安心

三井住友トラストVISAカードには海外旅行傷害保険が付帯しているので、海外で万が一病気や事故に遭ったとしても、しっかりカバーしてくれます。

補償内容は以下の通りです。

補償内容
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用1事故の限度額:50万円
疾病治療費用1疾病の限度額:50万円
賠償責任1事故の限度額:2,000万円
携行品損害1旅行中かつ1年間の限度額:15万円
※自己負担金:1事故3,000円
救援者費用1年間の限度額:100万円

ケガや病気の費用だけでなく、不慮の事故で他人にケガをさせてしまったり物を壊してしまった時の賠償責任や、あなたの持ち物が盗難に遭ったり破損してしまった時の携行品損害まで補償してくれるのは非常に助かります。

ただし、三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険は利用付帯なので、旅行にかかる費用や公共交通機関の料金を三井住友トラストVISAカードで支払わないといけません。

万が一他の方法で決済してしまうと保険が適用されませんので、必ず三井住友トラストVISAカードで支払ってくださいね。

お買物安心保険付帯

お買物安心保険は、購入した商品が何らかの事故で破損したり盗難に遭ってしまった場合、その商品の金額を補償してくれる保険です。

三井住友トラストVISAカードには、このお買物安心保険が無料で付帯しています。

お買物安心保険の補償内容・補償条件などを以下の表にまとめました。

補償限度額年間100万円まで
自己負担額1事故につき:3,000円
補償対象期間購入日より90日間
対象となる利用海外利用
国内利用
※国内利用は3回以上の分割払いまたはリボ払いが対象

お買物安心保険が使えるのは、三井住友トラストVISAカードで購入した商品だけです。

高額商品を購入する場合は、万が一を想定して三井住友トラストVISAカードで決済しましょう。

補償金額は、下記の金額のうちどちらか低いほうを補償してくれます。

  • カード利用控えまたは領収書に書かれている商品の購入代金
  • 修理費用(修理可能な場合)

ただし、購入した商品の置き忘れによって紛失・盗難に遭った場合は保険の対象にはなりませんので、了承しておきましょう。

ポイントUPモールでがっつりとポイントを貯められる

ポイントUPモール買い物前に経由するだけでポイント還元率アップ!

ポイントUPモール』にはたくさんのネットショップが掲載されており、ポイントUPモールにアクセスしてから各ショップに移動してお買い物をすると、ワールドプレゼントがどんどん貯まるサイトです。

最高20倍までポイントがアップしますし、お得に商品が購入できるクーポンもあるため、ポイントUPモールを利用しないのは損です。

どんなお店が掲載されているのか、有名どころを一部ピックアップしましょう。

  • Amazon:2倍
  • 楽天市場:2倍
  • Yahoo!ショッピング:2倍
  • ウイルスバスター クラウド:20倍
  • PUMA オンラインストア:6倍
  • AOKI 公式オンラインショップ:11倍
  • ANAトラベラーズ:4倍 など

各ショップで用意したクーポンを使うことができることもあるため、通常よりも安く購入できる上にポイントまでガッツリ貯まるなんて、良いこと尽くめですよね。

三井住友トラストVISAカードで貯まったポイントは色々使える

三井住友トラストVISAカードで貯まったポイントは24か月の有効期限があるため、そのまま取っておいても期限切れでポイントが消滅してしまいます。

せっかく貯めても消滅したら意味がありませんよね。

三井住友トラストVISAカードでコツコツ貯めたポイントは、以下のような使い方ができます。

  • 台所用品や家電製品などの景品に交換
  • 商品券に交換
  • マイレージに移行
  • キャッシュバック・iDバリューに使う
  • 他社のポイントに交換
  • オンラインギフトカードを購入

景品に交換するのも魅力的ですが、あなたがよく使うマイルや他社のポイントに交換すると、更に使い道が広がります。

交換できるマイルや他社のポイント・キャッシュバックを、交換レートも含めて一覧表にしましょう。

交換先名交換レート
ANAマイレージ1ポイント⇒3マイル
クリスフライヤーマイレージ1ポイント⇒3マイル
楽天ポイント1ポイント⇒5ポイント
dポイント1ポイント⇒5ポイント
nanacoポイント1ポイント⇒4ポイント
スターバックスカード1ポイント⇒4円
App Store & iTunes ギフトカード1ポイント⇒5円
キャッシュバック1ポイント⇒3円

ワールドプレゼントは、あなたにとって必要なポイント・マイルなどに交換できるのですから、有効期限が切れてしまう前に交換しておきたいものです。

上記の他にも交換先がたくさんありますので、三井住友トラストVISAカードで貯まったポイントを、あなたの好みで様々なものに交換してくださいね。

追加カードで三井住友トラストカードWAON発行可能

イオングループをよく利用する方にお勧めしたいのが、追加カードの『三井住友トラストカードWAON』です。

発行手数料が300円かかりますが、全国のイオングループで三井住友トラストカードWAONが使えますし、イオンのキャンペーンに参加することもできます。

キャンペーンの日(毎月)キャンペーン名特典内容
10日ありが10デーWAONポイント:5倍
20日お客さま感謝デー5%OFF
30日お客さま感謝デー5%OFF

電子マネーWAON払いが可能な店舗ならどこでも使えますので、非常に便利です。

三井住友トラストVISAカードのその他の特典

三井住友トラストVISAカードは、あなたの毎日をお得にする多くの特典があるカードだということがわかりましたね。

しかし、あなたをお得な生活に導く特典がまだまだたくさん用意されているのです。

そこで今度は、三井住友トラストVISAカードのその他の特典を以下に簡単にまとめました。

  • VJデスクは海外でも日本語で対応
  • VJトラベルデスクで割引あり
  • エクスペディアで宿泊&航空券予約
  • 近畿日本ツーリストで簡単予約&ポイントUP
  • GlobePass 加盟店優待プログラム
  • 世界のお得なお店ガイドで特典あり
  • 海外おみやげ品宅配サービス利用可能
  • Vpassチケットなら会員限定で先行予約や優待公演のチケットあり
  • オンラインショップ『V-Collection』利用可能
  • 三井住友トラストカード iD・バーチャルカード発行可能 など

日本でも海外でもお得で快適な旅ができる特典がありますし、公演・ライブなどのチケットを会員限定で先行販売しているのも見逃せない特典です。

これらの特典を全て受けることができれば、あなたのクレジットライフはより一層素晴らしいものに変化するでしょう。

三井住友トラストVISAカードの審査難易度・審査にかかる時間

どのクレジットカードでもそうですが、カードの発行をするには入会審査に通過しなければいけません。

三井住友トラストVISAカードって名前も堅いし、審査は通るのが難しそう…。

確かに三井住友の名称が入っているため、堅くて審査も厳しそうなイメージはありますよね。

審査に不安に感じているあなたのために、実際審査の難易度は高いのか、審査にかかる時間はどれほどなのかをまとめていきましょう。

三井住友信託銀行グループ発行のカードだから審査はキッチリ行われる

三井住友トラストVISAカードを申し込む前に確認してもらいたいのが入会資格です。

まずは、三井住友トラストVISAカードの下記の入会資格をクリアしましょう。

  • 満18歳以上(高校生不可)
    ※未成年・学生の場合親権者の承諾が必要
    主婦可
  • 安定した収入のある方

上記の条件を満たしていれば、三井住友トラストVISAカードの申し込みは可能です。

三井住友トラストVISAカードは、三井住友信託銀行グループ発行の銀行系クレジットカードなので、審査はしっかり行われます。

審査の内容は三井住友トラスト・カード公式サイトには記載されていませんが、過去にクレジットカードやローンなどの借り入れの延滞・遅延・滞納をしたことがある方は審査に通過しにくくなります。

しかし、満18歳以上であれば申し込みが可能なことや、学生・専業主婦でも申し込みができることから、そこまで審査が厳しいということはないと言えるでしょう。

審査にかかる時間は約2週間程度

三井住友トラストVISAカードは、通常であれば申し込みをしてから約2週間程度でカードを発行しますので、審査にかかる時間も同じくらいと考えていいでしょう。

ただし、年末年始やゴールデンウイーク・お盆といった特別な日は発行までにもっと時間がかかることがあります。

審査に時間がかかっているからと言って「審査に落ちた!」ということには繋がりませんので、結果が出るまでしばらく待ちましょう。

もし、急いでカードを発行してもらわないと困る場合は、下記の電話番号に電話をかけて相談するといいでしょう。

サービスデスク
  • 03-6737-0800
  • 受付時間:9時から17時まで
  • 休日:土・日・祝日・12月30日から1月3日まで

三井住友トラスト・カードが審査を行う

三井住友トラストVISAカードを申し込むと、三井住友信託銀行グループである三井住友トラスト・カードで審査が始まり、あなたの信用情報(クレジットヒストリー)は、以下の機関で開示されます。

  • 加盟信用情報機関:CIC
  • 提携信用情報機関:株式会社日本信用情報機構
  • 提携信用情報機関:全国銀行個人信用情報センター

審査に必要な情報を開示してもらい、この時点であなたが入力した申込内容に間違いがあったり、申し込んだ内容に偽りがあると審査に通過できない可能性が高くなります。

三井住友トラストVISAカードの申し込みを完了させる前に、入力した内容に間違いがないかどうかをよく確認しておきましょう。

三井住友トラストVISAカードの口コミ

三井住友トラストVISAカードの使い勝手の良い特徴、そしてたくさんの特典内容がわかり、カードを入手したいと思った方もいらっしゃることでしょう。

でも、申し込む前に三井住友トラストVISAカードの口コミも知っておきたい。

そうお考えのあなたのために、三井住友トラストVISAカードの口コミをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

良くない口コミ|名称がややこしい!

最初の章で、三井住友トラストVISAカードと三井住友カードについて比較しましたが、この2枚は発行会社が違いますので、申し込みやログインで悩む方が多いようです。

同じ『三井住友』であっても、三井住友トラストVISAカードと三井住友カードは別物です。申し込む際には名称をしっかり確認してくださいね。

良い口コミ①|三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険が便利

三井住友トラストVISAカードには海外旅行傷害保険が付帯しているので、旅先でもあなたをしっかりサポートしてくれます。

ただし、上記の方のようにカード更新が間に合わないと旅行傷害保険が適用されない可能性がありますので、旅行の時に保険が使えるようにカードの更新と旅行日程を調節しておきましょう。

良い口コミ②|三井住友トラストVISAカードを顔写真付きのカードにできる

三井住友トラストVISAカードは、安全性を高めるためにカード裏面に顔写真をつけることが可能です。

【名無しの知恵袋さんの質問】

顔写真付きICクレジットカードが作れるところはありますか。

【ベストアンサー】

信用金庫とか、三井住友信託銀行の系列で三井住友トラストカード、三菱UFJ銀行グループの東京クレジットとか。

引用:Yahoo!知恵袋

顔写真の付いたクレジットカードなら、万が一あなたの三井住友トラストVISAカードを使っても、写真を見ればあなたとは別の人物であることは一目瞭然!

ICカードも付いていることから、万全のセキュリティ体制ですね。

三井住友トラストVISAカードを作ろう!

三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAカードは、初年度の年会費が無料なだけでなく、『マイ・ペイすリボ』を登録して1回以上カードを使えば翌年度の年会費が無料になるため、長年愛用できるクレジットカードです。

口コミにもあったように、海外旅行傷害保険やお買物安心保険まで付帯しているから、万が一の事態が起こってもあなたを強力にサポートしてくれます。

しかも、三井住友トラスト・カード発行のカードなのでセキュリティも万全であり、不正利用がされにくいのも大きなメリットですね。

ポイント還元率は0.5%と少々低めですが、『マイ・ペイすリボ』の手数料が発生した月はポイントが2倍獲得できます。

更に、『ポイントUPモール』を経由してショッピングをすれば、ショップごとに設定された倍率のポイントがもらえるのですから、ポイントをしっかり貯めたい方にとっては嬉しい特典ですよね。

三井住友トラストVISAカードは、クレジットライフを楽しみたいあなたの良きパートナーになってくれることでしょう。